デパスのジェネリック・個人輸入・副作用を徹底解説!

デパスとジェネリック医薬品について

デパス ジェネリック

デパスとは、チエノジアゼピン系という部類に分類される、抗不安薬のことです。 主成分は、エチゾラムとなります。その効き目の早さが特徴であり、早い人ですと15分くらいで効き目が表れます。 デパスという薬名の由来については、depression(うつ)をpass(パスする)という英単語からネーミングされました。 日本の製薬会社である吉富製薬が開発した、貴重な純国産の抗不安薬となります。

デパスの効能は、神経症による不安・緊張・抑うつ・神経衰弱症状・睡眠障害などとなります。 リラックス系の神経に作用して、緊張などで疲れてしまった脳に作用して、気持ちを落ち着かせる効果を発揮します。 さらに、心身の緊張を緩める働きがありますので、高血圧症や胃・十二指腸潰瘍といった心身症、そして肩こりや腰痛などにも効果があるとされています。

デパスの主成分となるエチゾラムを含有する薬剤は、特許期間を終了しており、複数のジェネリック医薬品が存在しているのが現状です。 ジェネリック医薬品とは、開発した薬剤メーカーの特許期間終了後に、ほぼ同様の成分・構造を持つ薬剤のことです。 ジェネリック医薬品の最大の特徴は、リーズナブルな価格で入手することができるということです。

すでに先発医薬品を開発したメーカーによって、安全性などの一定基準を満たした薬剤であることが証明されているために、ジェネリックは製造認証が得られやすいという特徴があります。 また、先発医薬品の開発メーカーが、膨大や薬剤に関する資料を公開しているために、初期段階の開発費用がかからないという特徴もあります。 ゆえに、市場に提供する薬の販売価格を、抑えることができるというわけです。

最近では、テレビでもジェネリックのCMが流れるようになり、偏見もなく使用される方が増加傾向にあります。 中には先発医薬品にこだわる方もいらっしゃいますが、 効き目はまったく同じであり、安全性も確認された薬となりますので、心配はいりません。

更新情報・お知らせ

2015/04/17
デパスの副作用デパス 通販の解説をアップしました。
体験談もありますので、参考にしてください!
2015/04/09
ホームページを開設しました!
デパスのジェネリック・個人輸入に関する情報をドシドシ更新してまいります。